岐阜・大垣で住宅ローン、個人再生のことなら、岐阜・大垣住宅ローン法律相談室にお任せ下さい!

岐阜・大垣住宅ローン法律相談室

  • 事務所案内
  • アクセス
  • 料金表
  • お問い合わせ
大切な家を守りたい方、無料相談受付中!! 0120-932-610
  • HOME
  • 事務所案内
  • スタッフ紹介
  • 相続サポート
  • 料金表
  • お客様の声
  • アクセス
  • お問い合わせ

解決事例

 

当事務所にご相談に来られたお客様の事例をご紹介いたします。

ご相談に来られるお客様によって状況は様々です。

丁寧にお話を伺い、最適なご提案ができるようにしています。

ご紹介しているのは一部ですが、あなた様の状況に近いものがございましたら、是非ご参考にしていただければ幸いです。

 
 

1.会社社長Oさんの場合


岐阜県に住むOさんは、以前に勤めていた会社の給与が低額であったことから生活費の補填のために借入を増やしてしまいました。
相談当時は住宅ローンを含めて13件、約4238万円の債務を抱えていました。

Oさんはが住宅を手放さずに債務を整理したいという希望でしたので、住宅資金特別条項付の個人再生を利用しました。
その結果Oさんは、住宅ローン以外の債務(12件約831万円)を個人再生手続により約166万円に減額でき解決しました。

 
 

2.自営業Yさんの事例


多治見市に住むYさんは、母親がスナックを経営していて、母が高利の商工ローンから事業資金を借入れるとき、保証人になりました。

母が経営不振のため自己破産してしまい、商工ローン業者から請求がきて困ったTさんは、司法書士に相談しました。

自己破産したくないYさんは、司法書士の勧めで、個人再生の利用により、自分名義の借入債務や保証債務を含めて約870万円の負債を約174万円に減額し、解決しました。
 
 

3.自営業Uさんの事例


瑞穂市に住むUさんは、自営業収入と投資用マンションの家賃収入で生活をしていましたが、自営業の収入源が減ってしまったことと投資用マンションの賃借人がなくなったことで、ローンの返済ができなくなってしまいました。

投資用マンションは競売にかかり競落されたため、競売後の残債務を含めて14件約3050万円の負債を抱えましたが、自己破産を避けたい事情があったUさんは、司法書士に依頼し、個人再生申立により3000万円以上の負債を約340万円に減額して解決しました。

住宅ローン法律相談 0120-932-610
Copyright (c) 2012 司法書士法人みずほ総合法務事務所 All Right Reserved.